スーパーナチュラルシーズン6の感想とあらすじネタバレ

→「スーパーナチュラルシーズン6」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

「地獄に落ちたサムが復活!!魔王ルシファーとの戦いは本当に終わったのか?!」

魔王ルシファーの器になり「地獄の檻」に飛び込んだサムでした。「兄貴には普通の生活を送って欲しい」というサムの最後の言葉に、最愛の人リサと息子ベンと狩りと無縁な生活を送っていたディーンの前にサムと死んだはずの祖父サミュエルとキャンベル一族が現れます!「スーパーナチュラル」シーズン6です。

サムの不可解な生還と別人の様な振る舞いや言動に疑問を抱きながらも、またサムと狩りを再開する事になったディーンですが、魂がないまま生き返ったサムの為に「死の騎士」と取り引きをし、サムの魂を取り戻します。一方、祖母サミュエルは孫達をあざむきクラウリーとある取り引きをし、 怪物達の元祖『アルファ』を殺さず生け捕りにし、引き渡していたのです。

天界では「再度、最終戦争」を望むラファエル派と反対派のカスティエルが対立する事態に。劣勢になるカスティエルにクラウリーが「煉獄の魂」の取り引きを持ち掛けます。

『アルファ』達を生け捕りにし、拷問にかけ煉獄の在りかを聞き出そうとするクラウリーに腹をたて、「怪物達の母・マザー」が地上に復活します。サムとディーンは「マザー」を倒しますが、サムの「魂の壁」が壊れ地獄の記憶が押し寄せてきます。
そして「煉獄の魂」を手にしたのは意外な人物でした。

感想

このシーズンのサムは怖いです(汗)。ディーンが吸血鬼に襲われている時に見せたあの笑い・・背筋が凍る感じました。そしてサム役のジャレッド・パタレッギの演技力に関心
させられました。一つの作品の中であらゆるパターンのサムを演じています。

「悪魔のサム」「ルシファーのサム」「天使のサム」これだけの長寿番組でいられるのは
「サム」「ディーン」という一つの形に囚われる事なく、一人の役者が色んな役を演じられている部分にあるのではないでしょうか。そこがこの「スパナチュ」の魅力ではないかと思います。観ている側を飽きさせない構成がすばらしいですね。

「魂がない」状態で復活したサムが「じゃ兄貴が、僕のジミー・クリケット?」
ディーンは「んぁ・・まぁそうだ!俺はころおぎじゃないけどな!」という軽快なやり取りには笑えます!サムとディーンのコミカルなジョークもこの作品の一つの魅力だと思います。
アメリカドラマのもう一つの楽しみ方はそういった「軽快なアメリカンジョーク」ですね。

日本では嫌味にとれる言葉でも、こうしたドラマのワンシーンを覚えておくと、相手を不快にさせず軽く切り返せるから勉強になります。会社でのお局のイヤミなど一刀両断です。

天界・地獄・そして今回の煉獄、この作品のスゴイところはあまねく全ての世界をTVでは収まらない様なスケールで見せてくれるところです。ファンの期待を裏切ってないですよね。「マザー誕生」のシーンは見せ場です。
まだまだ魅せてくれる「スパナチュ」に期待しましょう。

こちらの作品もオススメです

スパナチュファンなら知っておきたいもう一つの「スーパーナチュラル」があります。
「スーパーナチュラル・ザ・アニメーション」です。制作はマックGです。
実写版シーズン1からシーズン2のストーリーに沿いつつ、新たなエピソードが加わり
全く新しい「スパナチュ」が誕生です。アニメのサムとディーンもメチャかっこいい~です!!

英語吹き替えは全話ジャレッド本人が担当し、最終2話ではジェンセンも吹き替え登場です。しかも全エピソード冒頭には、ジェンセンとジャレッドによる「エピソード
紹介」もあります。

スピンエピソード満載の「スーパーナチュラル・ザ・アニメーション」・・邪悪な闇と戦う兄弟のもう一つの旅が始まります。
ジェンセン・アクレス、ジャレッド・パタレッギファン必見です!! 

→「スーパーナチュラルシーズン6」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です