スーパーナチュラルシーズン11の感想とあらすじネタバレ

→「スーパーナチュラルシーズン11」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

「今度の敵は最強「ダークネス」!!どう倒すのか!!ウィンチェスター兄弟」

魔女ロウィーナの魔術で「カインの刻印」が消えたディーンですが、その瞬間!!
遥か向こうから黒い煙が、大地を覆い尽くして向かってきます。インパラにのって脱出するサムとディーンですが、黒い煙に巻き込まれます!!ディーンはその中で黒いドレスの
女を見ます。彼女の胸には「刻印」が?!彼女は一体「何者」?

「スーパーナチュラル」シーズン11です!!
ある街に致死性ガスが発生します。その中からディーンが救い出し女警官と赤ん坊。
父親は死ぬ前に「その子はアマラだ」と言い残し死んでしまいます。アマラを育てる事に
なった警官は、突然豹変し自分の母親の首を切り落とします!!ベビーベッドに寝ている
「アマラ」胸には、あの女と同じ「刻印」が刻まれていたのです?!

人間・悪魔の魂を吸い上げ成長するアマラ、彼女はダークネスと成長します。
ダークネスは神の姉!!自分を暗い闇に閉じ込めた弟「神」に復讐する為、破壊と死を
人間に与えるのです。そんなダークネスを倒すべくサムとディーン・クラウリーに神と
ルシファー・魔女ロウィーナとタッグを組み向かっていくのですが?!

感想

神はあの預言者チャックでした。自分勝手な神です(苦笑)ディーンが泣きながら神に「なぜ助けてくれなかった!!」と抗議するシーンは仲間を次々と失くしていった悲しみと切なさがこもって「うん。うん」とうなづいてしまいました。

神(パパ)とルシファー(息子)の喧嘩にサムとディーンが何故か痛い仲裁役です。
「フルハウス」の一場面を見ている様で面白いです(笑)。。

ダークネス(神の姉)と神の力はまたく正反対のものですが「陰と陽」どちらも欠けては
いけないのです。うむ~やっぱり「ファミリードラマ」っぽいですね。
最後にダークネスが神と手をつなぎ昇天していく時に、ダークネスがどこからか、ディーンの母親:メアリーを甦らせるシーンも「ん~??なぜ今になって母親:メアリー」と
疑問に思ってしまいました。

母:メアリーを甦らせるんなら父:ジョンを甦らせてほしかった(個人的見解です)ここまでブレちゃったので「基本に戻ろう」とメアリーの登場らしいです(汗)自由になったルシファーは叔母ダークネスにどこかに、飛ばされてしまいますが、次巻登場に期待します!!基本に戻るってやっぱりブレすぎ感満載だったのですね(汗)まぁ~最後のシーンでみんな最後フルキャストが見られたのは満足です。

シーズン10・11と少し視聴率も悪かっただろう事・・予想できます。
「基本に戻す」ってどれくらいの修正がきくのだろうか(汗)
少し先行き不安なシーズン11でした。

こちらの作品もオススメです

スティーブン・キング監督「悪魔の嵐」
メイン州に位置する小さな孤島に、突然の大嵐がやってくるのです。
その島に住む老婆が惨殺されている・・その側に謎の男が椅子に座っていたのです。
人とよぶにはあまりにも不気味すぎます。とりあえず牢屋にいれ状況をみる事にします。
その男を監視する為に、選ばれし男数名が、交代で見張るのですが
一人・一人謎の死を遂げるのでした。その男の名前は「リノージュ」と言います。
彼は「この嵐は自分の仕業だ」と言います。

そして「ただ一つの要求をのめば、嵐と共に去る」というのでした。リノージュの要求とは・・この孤島の子供の中から一人だけ連れていく・・と言います。島の子供の母親達は、だれも不気味な男に差し出したくない・・
そして彼は、母親達に子供を差し出すように、仕向けるのでした。
かつてない戦慄が島を覆い尽くすのです。スティーブン・キングのモダンホラー映画です。 

→「スーパーナチュラルシーズン11」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です