スーツシーズン4の感想とあらすじネタバレ

→「スーツシーズン4」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

マイクは、新しい仕事に就いていま下が、営業のほうは成果をあげていませんでした。上司のジャジョナサンは、マイクに対して儲けを優先しろと命じていました。ジェシカは、ハーヴィは新しいクライアントについて打ち合わせをしていました。

マイクは新しいビジネスについて敵対買収をしないことを考えて、ハーヴィにクライアントとして相談をしていました。ギリス産業の買収問題について、ハーヴィが面接したクライアント候補は大口のローガン・サンダースでした。ハーヴィはルイスに助けを求めていました。

ルイスは、マイクよりもローガン・サンダースを選ぶことは事務所の儲けになることを考えて、ローガン・サンダースを優先にすべきとアドバイスをしました。ハーヴィはマイクにギリス産業のことで、契約を解除することを告げました。ギリス産業のことで二人の関係は絶つことになりました。

レイチェルはギリス産業のことで絡んできたのはローガン・サンダースであり、そして彼がレイチェルの元不倫相手だとマイクは始めて知りました。ハーヴィは、家族のことでフォースマンに因縁がありました。そのことハーヴィは守るものが大きいことに一人悩んでいました。フォースマンを倒すために違う場所から攻撃することを考えていました。

フォースマンを倒すためにルイスを守るべきかマーロンを守るべきはハーヴィはジェシカに相談していました。フォースマンは自分だけではなく、大切な人を犠牲にした過去があるために、ハーヴィは敵意を持っていました。そのためにハーヴィはフォースマンの金の行方を突き止め元地方検事のウッドホールに証言になるように頼んでいました。

感想

ルイスは、ズルイけどなんか憎めないキャラですね。シーズン1の彼の雰囲気は本当に最低な弁護士だったけど、人間的にもいい人かもしれないなと感じました。それを感じたのは秘書のノーマンの死を知ったところですかね。

マイクが転職した後に番組の予告編を観ていたけどマイクとハーヴィの喧嘩別れだと感じましたね。でも、ハーヴィはマイクのことが気になっていたみたいですね。なんか兄貴が弟のことを心配してるところがいいですね。

冷酷で敏腕の弁護士のイメージが強かったのですが、本当は心優しい弁護士だったということが分かりました。マイクはようやく恋人と婚約したところは感動的でこれこそ理想のプロポーズだと感じました。

ドナがハーヴィのことを知っているのには魔女みたいに凄い!でもドナは本当にハーヴィのことを好きだからこそ自分なりに調査をしたことって、ある意味では恋愛の成就する為の秘訣かもしれませんね。

ようやく、愛に目覚めて告白したら失恋したり、弟の電話をかけているハーヴィの表情はなんかいいですね。人間的な彼の姿は個人的には好きです。でも、本当に全般的に人間のドロドロ感がありすぎる。これからどうなるんだと気になりますね。

ズルイ人間が多い弁護士の世界ですが、マイクの経歴詐称のことはどうなるんだ解決していないよ!!なんてことばかり考えていました。

なんかそれを放置をして弁護して働いているのは何で?と疑問ばかり感じていました。

こちらの作品もオススメです

このドラマで検事役に最適な雰囲気を持っているウッドオールって個人的に好きな俳優でしたね。沈着冷静な雰囲気であるCIA長官を演じていたTHE EVENTでは、ぶれない男でありアメリカと大統領に忠誠を誓う正義の味方でした。知的で本当冷静に物事を決断する彼の面影は、マイクを検事局に呼び出した時にクールなCIA長官を演じていた時と同じ眼光の鋭さを感じましたね。シーズン1で終わってしまったけどかなり面白かったですね。過去と現在が同時進行に進んでいくドラマには観ているこっちもハラハラしていました。 

→「スーツシーズン4」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です