スーツ シーズン2の感想とあらすじネタバレ

→「スーツ シーズン2」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ジェシカはマイクが経歴詐称していることを知りハーヴィに解雇を命じました。マイクはジェシカの本音を知らないままでした。

ハーヴィはマイクは有能な部下であることと信頼関係を持っているので解雇通告を伝えることを迷っていました。マイクは自分の案件の著作権について面談をしていました。

ハーヴィは合併についてルイスにマイクを解雇させないため煮時間稼ぎをしていました。

ルイスは合併についてマイクに一時解雇の話をしました。マイクはジェシカの解雇のことでハーヴィに相談しましたが、冷静になるように注意をしていました。

ジェシカとハーヴィはマイクのことよりも、もっと重大な問題がありました。それは天敵のダニエルがハーヴィ達を追い出す可能性があることを考えていました。

ダニエルの復帰を阻止に成功したらマイクの解雇は無効にするとジェシカと約束をしました。

ハーヴィーはマイクを守るためにダニエルに職場復帰を誓わせることができましたが、ダニエルはその言葉を無視をして職場に復帰しました。。

ダニエルは事務所に戻ることにハーヴィーは驚いていました。マイクは親友を許せずにいました。ジェシカはマイクの才能を認め解雇を辞めることにしました。

ダニエルは復帰したのですが、佐々ざまな問題が勃発したことで事務所を追い出され、そのために経営困難になった時に、合併問題がでてきたことでジェシカとハーヴィは必死と事務所を守ってきました。

一方のマイクは恋人のレイチェルがハーバードで不合格の原因はルイスの恋人だった。そして、マイクはハーバード大学のことはレイチェルに対して秘密にしていました。ルイスは、合併先の弁護士から嫌がらせを受けていました。

ルイスはレイチェルのことで、真実を隠していたことに対して、忠告をしていました。

ハーヴィとマイクは、合併について反対意見を述べていました。相手側は法律対策をしていたことで資産凍結をしたことでハーヴェイは追い詰められていました。

ルイスは、ハーヴィに対してドナを味方として協力することにしました。

感想

シーズン1までは勢力争いというものはなく、マイクとハーヴィの関係がかなりいいですね。親子とかではなくて年の離れた兄と弟の関係が良かったのですが、シーズン2位入るといつ間にか男と女の色恋沙汰が目立ってきたな。

新しく登場したダニエル・ハードマンとの駆け引きがなんか面白い。ラブロマンスが苦手な人でも楽しめるリーガルドラマですね。

ハーヴィのキザで俺はできるんだぞと強気な姿勢と、それをサポートしているマイクのチームワークは素晴らしいですね。それにダニエル・ハードマンが絡んでくるシーズンは、やはりスリルのある人間関係が面白いですね。

ダニエル・ハードマンがトラブルメーカーとなって職場環境がやばくなってきているのも気になりますね。クールなマイクとハーヴィの会話もある意味では心地よい!物事を熱く語るよりもクールに物事を語る弁護士はやはりカッコいいですね。

ところがルイスは、やはり、ネズミっぽいのはなんででしょうかね?

ハーヴィがマイクを採用して、そして可愛がっていた理由は自分の弟の面影を感じていたんですね。

ラブロマンスが苦手な人でもリーガルモノは、理論と理論のぶつかり合いが魅力だと感じました。

こちらの作品もオススメです

同じNYを舞台にしたTVドラマとして印象が深いのはやはり「フレンズ」最初は友人同士g一緒に共同生活をしていたと思っていたら、なんかそんなドラマが会ったと思っていたのですが違っていました、世界的に大ヒットしましたね。

同じNYを舞台にしたドラマでも、雰囲気が違いますね。スーツの二人がいるNYの豪華な事務所とそして、フレンズの仲間がコーヒーを飲みながら過ごしているサロンとそれぞれに似合っていますね。懐かしいですね。

→「スーツ シーズン2」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です