スリーピーホロウシーズン1の感想とあらすじネタバレ

→「スリーピーホロウシーズン1」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

「様々な悪魔・化け物との戦いは250年前から始まっていた?!スリーピーホロウ」

アメリカ「独立戦争」ジョージ・ワシントン将軍の元、戦う兵士の中にイカボット・クレーンのいう一人の戦士がいました。敵側の手のひらに「弓型」の刺青がある人知では計り知れない敵兵を倒すべく、イカボットはその男の首を切り落とし、相討ちになり気を失ったのです。

彼が目覚めてみると、そこは21世紀のNY・スリーピーホロウという村でした。「アメイジング・スパイダーマン2」のクリエイターがタッグを組み都市伝説と黙示録になぞられたアクションダークファンダジー作品の一つ「スリーピー・ホロウ」シリーズ1です。

彼が目覚めたと同時にとある牧場から「首なし騎士」が現れ、保安官の首をはねたのです。

それを目にしたアビー警部補。その容疑者にされたイカボットですが、アビーの証言でイカボットは釈放され、アビーとイカボットは「首なし騎士」の求めるものを阻止する為、手を組むのです。

この「首なし騎士」は聖書にある黙示録の中の「死・征服・戦争・飢饉」=四人の騎士の一人だったのです。ヨハネの黙示録の中の証人の二人、それがアビーとイカボットであり、四騎士を操る「悪魔」を食い止める役割を担っていたのです。

都市伝説やフリーメイソン・死の騎士、このストーリー性の高さに驚かされます。

感想

想像していたストーリーより完成度が非情に高くホラーファンタジー作品の上位に入ると思います。先の読めないストーリーに未知なる世界、様々なものが21世紀の中で上手くマッチされてます。アクションもあり、アビーがイカボットに惹かれていく心の動きなども余す事なく描かれてます。

「煉獄」に囚われているというイカボットの妻・魔女カトリーナは「悪」なのか「善」なのかなかなか明らかにならない部分に、引き込まれていきます。意外と早いストーリー展開を残念に思うのは自分だけでしょうか。

「死の騎士」「罪食い人」「サンドマン」と次々と登場してくる化け物達に果敢に戦うイカボットとアビーのアクションも見逃せません。特殊メイク・CDを駆使した作品です。

歴史の流れも解りやすく構成されており、ワクワクドキドキさせられます。

タイムスリップとうよりコールドスリープに近い魔法をかけられるという構成もとっても面白いです。主人公のイカボットの話し方にとても好感がもて、チャーミングな存在です。

キャスティング上、イカボットの妻:カトリーヌでよかったと思います。

アビーにイカボットを取られるのは、許せないのですが、カトリーヌなら許せる(美人だから)あくまでもこれは、個人的見解なのでお許しを。。最高に楽しめるホラー作品シリーズの一つですね。もう少しロングランで放映継続されたらよかったのにと思いました。

こちらの作品もオススメです

「スリーピーホロウ」で検索すると必ずでてくるのが、ジョニー・デップ主演の「スリーピーホロウ」です。ジョニーのホラー作品には定評があります。

その中でもおススメしたい作品「フロム・ヘル」です。

1888年のロンドン、ホワイトチャペル。ある日、メアリと別れて歩き始めた仲間の娼婦の一人、マーサの背後に忍び寄るひとつの影があった……。同じ頃、ロンドンのアヘン窟ではアバーライン警部がアヘンの幻覚の中である殺人事件を目撃していた。

路地を歩く女性、背後に迫る視線、女の顔に浮かぶ死の恐怖、飛び散る鮮血、ぶどうの房の小枝、息絶えて横たわる女の体、死体を切り刻むリストン・ナイフ……。しかし、それは単なる幻覚ではなく、現実の世界で起きていた殺人事件だった。その夜から一人、また一人と娼婦たちがナイフの餌食になっていく。そして、ついにメアリにも魔の手が忍び寄る――。

この物語には二転三転とストーリー展開が面白い作品です。大きな障害を乗り越えて突き止めた真相に驚かされます。ジョニーの刑事姿もナイスな作品です。

→「スリーピーホロウシーズン1」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です