ゲーム・オブ・スローンズシーズン7の感想とあらすじネタバレ

→「ゲーム・オブ・スローンズシーズン7」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

「最終章へのカウントダウン始まる~ドラゴンの母と北の王!!運命の出会い」

サーセイが七王国の女王になり「鉄の玉座」に座ります。しかし北部では「亡者(ワンド」ホワイトウォーカーが刻々と南へと進軍してきました。

最終章へのカウントダウンが始まります。「ゲームオブスローンズ」第7章です。

アリアは母と兄(ロブ)の仇打ちにフレイ公の元で全員殺戮!!衝撃的なシーンから始まる「ゲームオブスローンズ」第7章です。「知識の館(シタデル)」で修行の日々を送るサムは「グレイスケール(鱗の病)」に侵された一人の男に出会います。

サムが「北の砦」で世話になった「モーモント総帥」の息子・ジョラーでした!!一方、ドラゴンの母=デナーリスはウェスタロスへ向けて「黒鋼諸島」で後継争いをしデナーリスを頼ってきたヤーラとシオングレイジョイの船で向かってきます。

そして同盟を結んだ「ドーンのエラリア・サンド」サーセイに息子・孫娘・孫を爆死させられた「オレナ・タイレル」と共に「鉄の玉座」を狙います。「女王の手」になったティリオン・ラニスターは計画を練りますが、ヤーラとシオンの叔父に阻まれヤーラとドーンのエラリアはサーセイの元、人質になります。

「サーセイ暗殺」を、アリアは王都に向かう途中に、親友「ホットパイ」のいるレストランで「北のウェスタロスの王はジョンで、姉サンサもそこにいる」と聞き故郷を目指しウェスタロスへ行きます。その頃、壁を越え「三つ目の鴉」になったブランもウェスタロスに入ります。姉サンサと感動的な再会を果たします。

北部諸侯達・野人も南下してくるホワイトウォーカーにどう立ち向かえばよいか、恐怖と混乱の元ジョンは試案に暮れていました。そこへサムから朗報がありました。「ドラゴンストーン城の下に亡者達に、対抗しうる”ドラゴングラス”がある」と。ジョンの元には「サセーイ」と「デナーリス」から「女王の元へ出向け」と知らせがきていました。そしてジョンは、サンサに城を任せ決心しデナーリスの元へ(ドラゴン・グラス発掘の許しを貰うため)向かうのです!!

感想

最終章に向かい盛り上がってきましたね!ブラン・サンサ・アリア・ウィンターフェルに集結しました。ブランが「三つ目の鴉」とし「ジョンに伝えなければならない事」とは?

ジョンは「ターガリエンの息子」だったのです。って事は、デナーリスとは兄妹の関係ですよね(^^;。。あぁ~肉体関係もちゃったです(◎_◎;)。。そして蛇の様にサンサに絡みつくピーター・ベイリッシュ公は、ブランのお蔭で罪を暴かれアリアに殺されます。

気持ちよかったです(笑)。ジョンがいない間、サンサとアリアの仲を引き裂こうとしていたのですから(^^;)。サーセイは目の前にした「亡者(ワンド)」を目にして、建前上デナーリスとの休戦を約束しますが・・反語にされる恐れ多いにありですね!!

そしてサーセイは弟ジェイミーの子供を宿しています(本当に好きよねぇ~(◎_◎;)。。

弟ジェイミー<子供を選ぶサーセイ。末恐ろしい女性です(汗)。

確か後、2章ぐらいでクラマックスを向かえる「ゲームオブスローンズ」ですがホワイトウォーカーが「北の壁」を崩す所で7章はきれました。いよいよ迫りくる恐怖。ジョンと「北の諸公達・野人達」は?そしてサーセイは?倒す事が出来るのでしょうか。

「北の王」=ジョンの見せ場ですね!!兄妹で寝てしまったのってありぃ~(◎_◎;)・・という展開です。でもデナーリスが協力してくれるという事で、北が大きく変わってくる予感がします!!もう「鉄の玉座」なんかにこだわっている場合ではないです。そんな事にこだわっている』サーセイはヤバいですね(^^;。。古いしきたり・遺恨は忘れないけど手を組む人達。そうさせるのは「ジョン」の人柄でしょう。

アリアの「顏のない人間」での経験が、次章では見ものですね。彼女の身体能力はかなり高いです。もしかしたらジョンより高いかも・・(苦笑)。このメンバーが観られなくなる事が来ると考えると淋しいですね。シオン・グレイジョイも、ジョンの言葉「スタークでも、グレイジョイでも・・シオンだ」という言葉で、目覚めた様です。

「新たな時代」の落とし子達の活躍が、多いに期待できる次章です。

こちらの作品もオススメです

サーセイに爆死させられたマージェリー役出演「フェーズ」をおススメします。

「オモシロいドラマか?面白くないドラマか?」で賛否をかもし出した作品でもあります。

「フェーズ」という普通の人間には見えない亡者が見えるオタク少年のポールに、見える謎の世界に亡者達。そのポールが「亡者」と戦うという内容になっています。

17歳の高校生ポール・ロバーツ(イアン・デ・カーステッカー)は、親友のマック(ダニエル・カルーヤ)と閉鎖されたショッピングセンターに肝試しをしに行きます。そして、そこで得体のしれないものと戦う男性を見たことから、事件に巻き込まれていくことになるのです。得体のしれないものは、「フェーズ」と呼ばれる地上に残された死者で、戦っていた男は「アンジェリック」と呼ばれる特殊能力のある人間だったのです。

実はポールも特殊な才能を持っており、ショッピングセンターで戦っていたニール・バレンタイン(ジョニー・ハリス)と名乗る男から、仲間になるようにリクルートされるのです。フェーズたちは人間を襲い、その肉を食べることで実体のある体を取り戻していくのです。その行為によって世界は終焉をに突き進んでいく。それをとめるために戦うアンジェリックたちだが・・・というストーリー。全6話。2012年BAFTAベスト・ドラマ・シリーズ賞受賞

作品です。ぜひ、ご自分の目で観て批評をしてみてください。 

→「ゲーム・オブ・スローンズシーズン7」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です