ゲーム・オブ・スローンズシーズン4の感想とあらすじネタバレ

→「ゲーム・オブ・スローンズシーズン4」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

「ジョフリー王暗殺される!?残されたスターク家の行方と「黒の城」の戦い」

ジョフリー王とサンサの婚約解消!!そしてタイウィン・ラニスターの建てた政略結婚。
「サーセイとロラス」「サンサとティリオン」そして捕虜から帰還したジェイミー。
アクション・スペクタル「ゲームオブスローンズ」4章。ジョフリー王が暗殺されます。死因は毒死です!!では犯人は?きになる所です。では覗いてみましょう。

いよいよジョフリー王とマージュリー王女の結婚です。そしてティリオンとサンサも結婚しました。ジョフリー王の結婚式でティリオンは、身体の事を侮辱され、民衆の前で
キレそうになりますが耐えて、ジョフリーにワインをつぎます。飲み干すと急に苦しみ悶えるジョフリー王。そのまま死んでしまいます。容疑をかけられたのは「ティリオン」でした。牢屋に入れられます。そしてその時、妻のサンサは上手くこの忌まわしい城から脱出したせいで余計にティリオンに疑いがかかります。次期王後継者は弟の「トメン」です。

北の壁では、「マンスレーダー」の軍が「黒の城」を襲いにきます。ギリの所で「冥府の
守り人」が勝ちますが、野人の恋人イグリットを喪います。そして「マンス」に単独で
会いにいきます。そこにスタニス軍が現れ?!
ミーリーンでは、デナーリスがなんとか「奴隷解放」の為に力を尽くしますが「ハーピーの息子達」というお館達の武力行使に死力を尽くしますが?!
ティリオンは「決闘裁判」の要求しますが、ティリオンの変わりの戦士はサーセイの差し金で誰もいません。そこへ「ドーンの弟王:オベリン」が戦ってくれるというのです。
しかしこの決闘の結果・・後々因縁を残す結果になりますが!?

感想

この4章の見所は「黒の城」襲撃です。ジョンの上役が逃げ出し、ジョンが指揮をとる事になり、また「ロングクロー」で戦いますが、かっこいいですね。壁の「大釜」は
もの凄い迫力で描かれています。壁を登ってくる野人の胴体が真っ二つになるシーンは
本当にエグイですね(汗)「決闘裁判」でのドーンのオベリン弟王の剣さばき、ワイヤーも使わずに演じている、迫力あるシーンはすごいです。

古代の決闘は本当にあんな感じだったのでしょう。キングスランディングでは「新王誕生」です。トメンは優しすぎてこれまた「王の器」ではないと思います。今までに登場した人物で王にふさわしいのは「エダード・スターク」だったように思います。(個人的)
バラバラになっていくスターク家を観ていると少し悲しくなります。「ロバート王」さえ
来なければ、ブランもサンサ・アリアも皆幸せに暮らせていけたのに。この「スターク家」再興を早く、ジョンがしてくれるといいなと思います。サンサは女性ですし(汗)
サンサと言えば、やけに接近してくる「ピター・ベイリッシュ公」の動向が気になります。

親父と少女が一緒になれる訳がない・・とは思いますが、ヤツはかなりの策略家だし
油断大敵ですね。サンサ気をつけてーと言いたくなります。
アリアは自立していますね。歳の割りには思考が大人です。彼女はこの先「強い女性」
になります。「誰かに頼る・言いなりになる」そんな人生ありえません。
ブランあこだわっている「三つ目の鴉」ってなんだろう?とここまで観ていても、よく理解できません。ホワイト・ウォーカーを倒すのに「三つ目の鴉」はどう関わるのでしょう。
早く先が観たい作品の一つです。

こちらの作品もオススメです

では美しすぎる女優さんで今回はサーセイ・ラニスター役レナ・ヘディ出演ファンタジー
アクション映画「300~帝国の進撃」をご紹介します。

前作で100万もの兵を率いてギリシャ侵攻を図るペルシャ帝国を相手に、300人の精鋭と共に戦いを繰り広げた果てに命を落としたスパルタのレオニダス王。今回の物語は灼熱の門で全滅したレオニダス達と同じ時間の別の戦い、エーゲ海での海戦を軸にしている作品です。
アテナイのテミストクレス将軍(サリヴァン・ステイプルトン)は、パン屋、陶工、詩人といった一般市民から成るギリシャ連合軍を率いてペルシャ帝国海軍に立ち向かっていくのです。

ペルシャ帝国の海軍指揮官アルテミシア(エヴァ・グリーン)らと拮抗する中、ついに大海原を舞台にした最終決戦を迎えることになります。作中では実際にいたゴルゴ王妃役を演じています。やはり彼女には「力強い女性」役が似合いますね!!
機会があったら是非観てみて下さい。 

→「ゲーム・オブ・スローンズシーズン4」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です