FRINGE/フリンジ シーズン4の感想とあらすじネタバレ

→「FRINGE/フリンジ シーズン4」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

二つの世界の衝突を回避する為、犠牲になったピーターでした。そして二つの世界は無事存在する事ができました。いつもの様に「フリンジ事件」をこっちの世界とあちらの世界で解決をしつつ、上手く溶け混んでいる様に見えました。・・がウォルター博士とオリビアに異変が?!「FRINGE」シーズン4です。

博士はピーターの幻を見る様になり、オリビアも夢にピーターが出てくる!?しかし二人ともピーターのの存在さえ知らないのです!!「この男は誰なんだ?」と再び驚く展開に。

長官をしているウォルターのピーターはこちらもウォルターに連れ去られ湖でおぼれ死んだ事となっています。こちらのピーターは病で死んだ事となっていました。

どこにもピーターが存在した「痕跡」がないのです。そしてオリビアの里親になっているのが「ニーナ・シャープ」なのです。ニーナは誰にも知られずオリビアにコーテキシファンの注射を投与します。ピーターが死んだはずの湖から、救出されるのです!!

そして再び「フリンジ」事件を扱う様になりますが「オリビアを裏切りたくない」とピーターはこちらのオリビアへの気持ちを抑えようとします。コーテキシファンを投与されたオリビアは段々に記憶を取り戻していきます。

しかしここでも、二つの世界の接点の所から歪みが生じピーターはウォルターに協力を求めますが「再びピーターを失うのが怖い」と協力を拒まれます。向こうの世界の長官(ウォルター)の妻が説得にして、ピーターは二つの世界の分離に成功します。そしてオリビアとの間に赤ちゃんが・・

感想

内容濃くなってきました。やっぱり「FRINGE」は、ピーターとおとぼけウォルターのこのコンビではないと面白くないですね(笑)。しかし最後に「監視人」がいう「やつらがやってくる!!」という「奴ら」とは、一体誰なのでしょう?楽しみですね。

そしてオリビアの妊娠?!一体どんな子供なのでしょうか。

OPロールの画面の色が「オレンジ」に変わりました。危険そうで、危険でもない色です。

またこのドラマの「息継ぎ」の様に「リンゴ・タツノオトシゴ・葉っぱ」などの謎のマーク(次巻でこの意味が解りますが)が瞬間的に使われています。これがまた微妙な視覚効果・神経効果を与え、観ていても疲れない様に色々な角度からみてもよく考えられているドラマです。すごいCD技術を持っている作品です。

そしてメイクと。一人・二役の世界を同時に作ってしまうというクリエーターの深さに驚かされます。ピーターのIQ180という設定もいいですね。でないと自分を「神」と思っているウォルターと互角に渡り合えないです。「なぜピーターとオリビアが惹かれ合うのか」という幻想的にこのシーズンで描かれています。それを観れば納得です!!ここまで来たら「監視人」が言った「奴らが来る!!」この「やつら」に次巻期待しましょう。そしてオリビアの子供はどんな子供なのかも。全てが「ファイナル・フリンジ」に詰まっています。こうご期待です。

こちらの作品もオススメです

主役ともいうべきピーター・ビショップ役のジョシュア・ジャクソン主演映画

「ゴシップ」2000年・アメリカ作品です。

(ストーリー)

とある一流大学の美しいキャンパス。そこには優雅でゴージャスなキャンパスライフを満喫するデリック、キャシー、トラヴィスの三人の学生がいた。ジャーナリズムを学んでいた三人は、噂が流れるメカニズムを検証するという理由で意図的に噂を流して周囲の反応を伺う計画を立てる。結婚するまでセックスはしないと決めていると評判の高いナオミのお高く止まった性格に腹を立てていた三人は、彼女とその彼氏のボーをターゲットとし、二人がパーティ後セックスをしていたという噂を流した。次第に噂は「複数人を相手にしていた」などの尾ひれが付き、ついにナオミの耳に入ってしまう。

酒を飲んで気を失っていたナオミは、その間にボーにレイプされたと勘違いして警察に訴え、ボーは無実の罪で逮捕される事態へと発展してしまう。

キャシーは罪悪感にさいなまれ、警察に自首して真実を打ち明けるも時すでに遅く、強固な既成事実と化していたため、相手にされなかった。諦めずにナオミを訪ねるも、デリックの名前を聞いて怒り出したナオミに追い返されてしまう。このボー役を演じています。結構おもしろい映画です。 

→「FRINGE/フリンジ シーズン4」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です