FRINGE/フリンジ シーズン2の感想とあらすじネタバレ

→「FRINGE/フリンジ シーズン2」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ビショプ博士が誰にも言わず、隠していた秘密「息子ピーターの存在」です。ダナム捜査官は、ビショップ博士に、幼児の時に「生体実験:コーティシファン」を打たれ「兵士」=「門の番人」としてFBIで働く一方、「向こうの世界」からの侵略者と戦うダナムです。

ビショップ博士と息子ピーター・助手のアストリッドと次々と襲ってくる「フリンジサイエンス」。ビショップ博士は誰にも言えない秘密を抱え、それを恐れていました。

ビショプ博士は、若い頃「向こう側の世界」を見る鏡を開発し、それを「より良い世界を作る為に」活用しようとしていました。ところが「こちらの息子ピーター」は、難病で博士は息子を救う事ができずに死なせてしまいます。しかし「向こう側のピーター」はかろうじて生きていたのです。向こう側の博士は、助けるために薬を作り続けていました。

しかし薬を安定させる事ができず、こちらのビショップ博士は「向こうのピーター」を助ける為、未完成の薬を完成し「向こう側」へ行く為に移動装置を作動、反対するニーナの腕を犠牲にし、引き留めますが「向こう側」へ行き「ピーター」を連れてきて、薄氷に足をとられ二人湖に落ちてしまいます。「監視人」はそんなピーターと博士を助けてしまうのです。その事実を知ったピーターは「向こうの世界」へ行ってしまいます。

博士とコーテキシファンを打たれたダナム含む子供達の能力で、助けにいくのですが殺されてしまう仲間達。犠牲を伴い帰還を果したピーター・博士・ダナムでしたが「FBI捜査官ダナム」は囚われ「あちら側」のダナムと入れ替わってしまうのです!!

感想

観る側の視覚効果や心理状態まで考えて作られているスゴイ作品です。効果的に観ていてアドレナリンが多く分泌される様なシーンに数秒間の分泌を抑える「青い静止画像」を使い、観る側に冷静さを戻し、また興奮させる。それには「赤と青」を使い分けしています。

赤とは?

「赤」の暖色効果は、インテリアに利用すれば季節感の演出だけでなく、実際の体感温度にも効果があります。ある実験では、同じ温度の青い部屋と赤い部屋に入ったときの体感温度には、3度も差があったそうです。出典赤色のちからを使うより

青には?

空や海の色でもある青は気持ちを静め、心を落ち着かせる色です。 青の心理的効果は「沈静色」「寒色(冷たさを感じる色)」「後退色」出典色彩帖  青の効果より

こういった効果を一つの作品に取り入れ、観ている側を疲れさせない効果まで用いています。さすが「フリンジ・サイエンス」だと思います。ここまで考え作られた作品はないと思います。またキャスト全員が、別世界の「もう一人の自分」を演じるという俳優さん女優さん達には「実力」を試される(観ている側はおもしろい)構成になっています。

姿形は同じでも、感情は違う「向こう側の世界」の人々。一番おもしろいのは、ウォルター博士の人格が「向こう」と違う所です。こちらの博士は、牛を実験室で飼ったり実験の事を考えながら「食べ物」の事を考えたりとコミカルでかわいい一面も持ち合わせていますが「向こう側」の博士は「長官」になり世界の全てを牛耳っている所です。

しかも冷酷であるという人格者。博士演じる「ジョン・ノーブル」さんの演技力に脱帽です。彼は海外ドラマ「スリーピーホロウ」でも主役:イカボット・クレーンの息子ヘンリー(戦争の騎士)で父親を苦しめる息子の役でも、大活躍しています。

二つの世界のバランスをとる「監視人」というスキンヘッドの男達の出現などもこのドラマを引き立てています。さて入れ替わったダナム捜査官は、どうなるのでしょうか。

次巻が気になる「FRINGE」です!!

こちらの作品もオススメです

主役のウォルター・ビショップ博士役のジョン・ノーブル主演海外ドラマ「スリーピーホロウ」をご紹介します。

南北戦争時代、ワシントン将軍の元、戦っていたイカボット・クレーンの指名は「首なし騎士を殺せ」でした。しかしクレーンは「首なし騎士」と相討ちで死んでしまうのです。 

→「FRINGE/フリンジ シーズン2」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です