FRINGE/フリンジ シーズン1の感想とあらすじネタバレ

→「FRINGE/フリンジ」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

舞台はボストン。飛行機627が突然墜落しました。マスコミには「原因不明」という事で対応した「国土安全保障省」です。その職員ダナム捜査官と相棒であり、恋人のジョンが627機の中で見たものは肉が溶け出し、感染力の強い「フリンジ」をいう生物科学兵器でした。その進行を食い止める為に、以前政府の命により「人体を使用し科学生物兵器」を作っていたが、その異常さの為に「精神病院」に入院しているウォルター・ビショプ博士に頼ります。保護観察としてIQ190の息子ピーター・ビショプを指名します。

博士の精神状態がおかしくなる以前に行われた実験を基に、様々な人体実験が行われて、多くの犠牲者達が次々とボストン近郊で起こります。それを阻止すべく、過去の記憶を失っているウォルター・その息子(ピーター)・ダナム捜査官が果敢に立ち向かっていく

その影に潜む「国家秘密」や「製薬会社・マシッブ・ダイナミック」の陰謀を明らかにし、時には妨害していくサイエンスサスペンス作品です。一つ・一つの事件の裏に「ダイナミック社」があり、ダナム捜査官は「もう一つの別の世界」という異次元の世界の存在をウォルター博士がら聞き、そしてその世界へと足を踏み入れる事となるのです。

感想

スゴイ作品です。「サイエンスドラマ」の中にサブリナル効果の様な、視覚効果とも思えるカットが入れ込まれており、エグイシーン後に入る画像が精神的に冷静さを取り戻せるのです。で、冷静になり再び「科学の世界」に引き込まれていきます。

OPテーマも耳障りなものではなく、逆に単調でありながらシャープなテーマから入ります。しかもテーマソングは短く「早くドラマが観たい」と思う長さで出来上がってます。

なんでしょう?この「引き込まれる感」は!!もしもそういった効果が含まれて流されているカットシーンだとすれば、TVドラマの最高峰です。

またウォルターと息子ピーター・ダナム捜査官のこの三人のコミカルで面白い会話は、とってもリズム感があり面白いです。「異常者・犯罪者・捜査官」トライアングルの様な一見なじまないこの三人が、自分の知恵をフルに使い問題解決に取り組んで、親密になっていく流れもとても探求心をくすぐられます。

そして「ZFT」という「科学の進歩による世界の破壊」というバイブルとする組織がありその組織の中にウォルターもいました。そして幼い頃に「コーテキシファン」という薬を打たれた者達は謎の死を遂げていきます。この人体実験にもウォルター博士が絡んでいます。「この世でない別の世界」に行ったダナム捜査官を待ち受けるものとは?!

シリーズ2が益々楽しみな「フリンジ」です。

こちらの作品もオススメです

話題になったBSBやエボラ出血熱などを原子記号を使い、そしてワクチンを組み合わせたくさんのサンプルを作り、一番ベストなワクチンを配布・臨床実験などに利用、そして「製薬会社」との一つの薬をめぐり対決していくアメリカの資金で実験所はカナダにある、勤務する主任科学者達は各国の有能な科学者の集団「リ・ジェネシス」カナダ制作の

TVドラマです。デビッド主任科学者をリーダーとし、そこに「政治的陰謀」や「ウィルス拡大」など様々な事件がこの施設に持ち込まれ、ウィルス・細菌・HIVなど話題性の多い病原菌を次々とデビッドや仲間を中心に、解決していくドラマです。

全BOX5巻です。これは機器から撮影ととっても凝っています。

そして「行き過ぎた科学」の危機感をあおっていきます。「フリンジ」とは、また一味違う内容で、恋愛あり、SEXありとカナダではのドラマに仕上がっています。

主役ピーター・アウター・ビレッジでとても面白い作品です。 

→「FRINGE/フリンジ」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です