大草原の小さな家 シーズン9の感想とあらすじネタバレ

→「大草原の小さな家 シーズン9」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

開拓時代に生きる家族の物語を生き生きを描く愛溢れる感動作品、1974年から始まった「大草原の小さな家」インガルス一家が家族の収入安定の為、ウォルナット・グローブを去るシーンから始まります。

「新・大草原の小さな家」ワイルダー一家を中心に、そしてアルマンゾの兄のジェニーも加わり、エドワード叔父さんが再び登場します。

この頃からマイケル・ランドンは監督兼プロデューサーに徹し出演は少なくなります。

「再出発:前篇」「後編」ではアルバートと父さんがウォルナット・グローブに戻ってきます。それはアルバートの非行のせいでした。しかしアルバートの非行は「コカイン中毒」にあったのです。町にでてめっきり白髪になり、苦労している父さんがこんなに「弱くマイナス思考」になる姿は観ていて胸を打ちます。

そしてローラとアルマンゾは二人目の赤ちゃんを産みますが、生まれて数ヶ月で亡くして

しまいます。ローラはその怒りの矛先をドクターベイカーに向け、ドクターは村を出て行こうとします。

このシーズン9では色々な試みがあります。小人のルーのお話・オラウータン・狼少年ショーン等、今までマイケル・ランドンが描いてきた「大草原の小さな家」とは、作風もストーリー性もまったく違います。そういう意味もあり「新・大草原の小さな家」となっています。

感想

チャールズ・インガルス一家がいなくなり、柱がなくなって観ていてそれなりに楽しいですが、マイケル・ランドンがやはり出演が少なくなるとファンだった私など少し淋しい感じがします。その変わりエドワード叔父さんがやってきます。エドワードさんは、父さんがいない分、周囲を明るく楽しく盛り上げてくれています。アルマンゾではまだまだチャールズ程の貫禄が足りず、観ていて物足りなさを感じます。このシーズンではウィリーが結婚します。レストランを継ぐのです。キャロラインやチャールズがいなくなったこのシリーズではオルソン婦人大暴走です(笑)。誰も止める人がいないからです。

酷い偏見や差別・・やりたい放題です!!ウォルナット・グローブのみんなは目視ですが。そして結婚し双子の赤ちゃんを産み、ニューヨークに行ったネリーが久々に帰ってきます。アルマンゾをローラととりっこをした因縁の二人でしたが、結婚し家族を持ったネリーはすっかり人が変わり「ステキな女性」になって里帰りの話も盛り込まれています。

すっかり都会っこになったネリーに家族が大喜びですが、ネリーの変わりに養女にしたナンシーは面白くなく家出を試みます。ネリーの上を行くナンシーです(苦笑)

都会の暮らしで疲れ果てた父さんの姿は、本当に痛々しさでいっぱいです。コカイン中毒になったアルバートの演技には拍手です。でもキャロラインにも会いたかったですね。

ローラは屋敷を譲り受け「下宿屋」を持ちます。さぁ~これからと思っていましたがロングバージョンでの作品はこれが最終章になってしまったのはとても残念でなりません。

ローラ役のメリッサも思ってはいなかったそうです。(視聴率がかなり落ちていた事は、彼女も気づいてはいましたが)インガルス一家・ワイルダー一家素晴らしき感動と愛を長い間、私達ファンに与えて下さった事に感謝します。

こちらの作品もオススメです

シャナン・ドハーティ主演「チャームド」おススメします。

ハリウェル家の3姉妹、プルー、パイパー、フィービーは、祖母の死をきっかけに久々に乃サンフランシスコ実家に再会し、共に暮らすことになります。ある日、フィービーが屋根裏で見つけた「影の教典」という、魔術書の呪文を唱えた事をきっかけに、魔力に目覚め、自分たちが魔女の家系であることを知り戸惑い翻弄されながらも、善人を助け守りつつトライアッド(悪魔)などの敵と戦うのです。また、魔女と日常生活との両立、20代特有の悩みや生き方を魔法を絡め色濃く描かれており3姉妹は魔法と付き合いながらも、それぞれ人生を模索していく姿を描いています。

第3シーズンのラストを受けて、第4シーズンではプルーが死亡、異父妹としてペイジが登場する。第5シーズンでパイパーとレオの間に念願の赤ちゃんが誕生。第8シーズンでは彼女たちの晩年が描かれた。

プルーデンス・ハリウェル (シーズン1~3)

演:シャナン・ドハーティ/声:坪井木の実

登場エピソード:魔女誕生pilot/最終エピソード:最強の対決

現況:故人/種:人間/魔女

ハリウェル家の長女。姉妹のまとめ役で実質のリーダーでもあり、呼び名はプルー。性格は自信に溢れ積極的で知的だが気が強く負けん気。祖母の生前や初期の頃はフィービーとよく揉めていた。母を亡くして以来、自分が代わりに妹を守らなければと思い口を出す事も多くなるのです。時折母親のように接することもあったりします。

特にパイパーからは慕われていました。しかしシーズン3では自分にのしかかる様々な責任から解放されたいという思いが強く出てしまい幽体離脱を利用して具現化。解放されたプルーによってパイパーの結婚式はめちゃめちゃにされてしまうのです。鑑定士の資格を持っているため、初期の頃はオークションハウスで働いていました。第2シーズン途中でオークションハウスを辞め写真家に転身します。実は祖母の生前からカメラを見ただけで瞬時に機種を当てられるほど知識も関心があったことが第3シーズンの回想シーンで発覚しました。第3シーズン最終回で魔王の罠にはまり死亡。

1970年生まれ。身長160cm。魔女になる前は博物館で働いており、そこの上司と婚約していたこともありました。10年後のもしもの世界では、髪を金髪に染めて社長になっていて従業員を簡単に解雇する非情な人間になっており、10年後も独身だったことが第2シーズンで判明しました。

「魔女の三姉妹」のダークコメディっぽく観える部分が面白い作品です。シャナンって凄い実力派女優さんですね。

 →「大草原の小さな家 シーズン9」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です