大草原の小さな家シーズン3の感想とあらすじネタバレ

→「大草原の小さな家シーズン3」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

19世紀のアメリカ西部開拓地、つつましくも幸せに暮らすインガルス一家と、それを取り巻く優しさあふれるウォールナット・グローブの人々の日常を描いた作品です。

1話・1話、インガルス一家を巻き込みながら大切な「人への愛情・思いやり」などを
ふんだんに盛り込んだ作品ばかりです。シーズン3では、長女メアリーの切ない初恋・
次女ローラの始めての父さんとの狩りでの大ハプニング、また親との関係に悩む父親チャールズの姿、子供達を必死に見守る母キャロライン、インガルス一家の感動的な愛情いっぱいのファミリードラマの傑作です。

中でも長女メアリーが盲腸炎を患い、何週間もロチェスターの街に滞在する事になり、メアリーの手術費の為に、家と土地まで売ろうとする父チャールズ、親友のエドワーズさんが「メアリーの為に」と一緒にロチェスターまで同行し鉄道のトンネル堀りのダイナマイトを使用した危険な仕事に就きます。

父さんとエドワーズさんは「ダイナマイトは慣れっこだ」と高い賃金で雇ってもらいますが、山崩れが起き父さんは、閉じ込められます。エドワーズさんは父さんを必死に助けようとしますが・・

感想

開拓時代の一家の愛の感動ストーリーです。黒人差別や先住民インディアンの子供への周囲の偏見と確執など、詳細にローラ・子供の視線で描かれており、一つ・一つのセリフが雑ではなく、優しいのです。監督・主演・プロデューサーも兼ねているマイケル・ランドン(チャールズ・インガルス役)。彼の才能に脱帽です。どんな困難でも乗り越えていく彼の演じる父親役にどれほどのファンが、引きつけられる事でしょう。

この「大草原の小さな家」は父:チャールズが主役ではなく登場人物皆が、主役なのです。「お金よりも大切なものは家族」というコアをどんな時もブレずに描いている、マイケルのこの作品にかける情熱がストレートに伝わってくる所が、何年・何十年経っても涙を誘う理由の一つだと思います。「お金が全て・隣人の愛」乏しくなっている現代だからこそ、余計に胸に響く作品なのでしょう。このドラマが日本で放映されたのは、1975年からでした。

それから幾度となく再放送され根強い人気をキープできる「大草原の小さな家」シリーズの凄さに改めて感動します。誰でも貴方が悪者・善人と分ける事はとっても簡単です。でもこの物語では「どんな人でもみな善人の部分があるんだよ」というメッセージが込められているような気がします。観る程に、優しいセリフ一つ一つが「愛」につながっていると感じるのです。

こちらの作品もオススメです

家族愛などコメディも上手くマッチしているアメリカファミリードラマの傑作では
マイケル・J・フォックス主演のこのドラマもおすすめです!!
「ファミリー・タイズ(Family Ties)」 は1982年から1989年まで7シーズン、全176話が放映されヒットしたアメリカのテレビドラマシリーズです。

キートン家のドタバタ劇を描いたシチュエーション・ドラマ(シットコム)。このドラマはアメリカにおける文化の端境期。具体的には、元ヒッピーでリベラリストの両親と、共和党を熱烈に支持する長男アレックスという対比、すなわち「年長者より年少者の方が保守的」という一風変わった状況が、コメディの基調のひとつとなっています。

アメリカ中北部オハイオ州のある町に住む一家を描くホームコメディ。いつの時代、どこの国にでもある家庭のさまざまな出来事が、抜群のユーモアと辛口のアイロニーをこめて描かれ、大人気となったコメディ・シリーズ「ファミリータイズ」。本作は米NBCネットワークで1982年より1989年までの間に全7シーズンに渡って放送され、年間視聴率は最高で32.7%を記録し、エミー賞やゴールデングローブ賞主演男優賞受賞に輝く大ヒット作です。

本作が本格デビューとなった主演(長男アレックス役)マイケル・J・フォックスは、この作品で全米のアイドルとなり、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『摩天楼はバラ色に』に抜擢されることになります。さらにエミー賞には1986年、1987年、1988年の3年連続でエミー賞主演男優賞を受賞している。なお、この作品での共演がきっかけで後に結婚したマイケル・J・フォックスの妻トレイシー・ポランや、映画『スクリーム』やTV「フレンズ」で大人気のコートニー・コックスがマイケル演じるアレックスの恋人役で登場しています。 

→「大草原の小さな家シーズン3」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です