クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズン9の感想とあらすじネタバレ

→「クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズン9」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ダイナーで不可解な事件が発生してしまいました。犯人は数年前に誘拐された少年でした。少年の境遇などを人間関係を中心にプロファイルを始めていました。ロッシーとアレックスは犯人の行動を分析を心理について分析していました。

リードとモーガンは解剖室で少年の所持品に携帯電話がないこと、過去に骨折をしたこと形跡を残っていましたが、最近の怪我であることがわかりました。

現場にいた警官はその時の状況をJJからその時の過去を話していました。それは犯人の殺害した時の苦しい思いを思い出していました。ロッシー達は少年の遺体の解剖で拷問で洗脳をして特攻兵を作り出した事を知りました。早く拉致された子ども達を救い出したいと感じていました。

ホッチナーは彼らはテロ組織でありメンバーは少年達を拉致し監禁をして、洗脳して兵士に育て上げたことをプロファイルをしていました。ロッシー達はプロファイルをして、幼い頃から洗脳されたことを感じていました。

一人の少年が逮捕された時に少年は警官の姿を見て興奮したことで彼が行った番号は兵士の認識番号ではなく警官のバッジ番号であり該当する男が少年兵を作り出した犯人と知りました。犯人は、汚職警官として密告した捜査員のレイアスを暗殺しようとして動いていることを知りました。

レイアスは警察本部に来た少年兵の一人の説得を試みようとします。JJとアレックは洗脳と解こうとした。自爆テロは防ぐことができ、少年兵の言葉を参考に犯人を逮捕することができました。

感想

これって東アジア地域のテロ関係にもつながると感じていました。

ハマスにしても内戦で生きるために戦わなくてはいけない内戦と関係ない話ですが、内戦で生きている子ども達の中には親から引き離されれて銃を持つ中東情勢のことがまず最初にアタマに浮かびました。後は、イスラム聖戦という名前を借りて子ども達を拉致し少年兵として育て上げられ、イスラム過激派の戦士として戦わなければならない子達を思い出しました。

その時の少年達の恐怖とこのドラマの少年の恐怖は同じ環境の中で生きていたのかなと思いながら見ていました。

もしかしたらこのエピソードはそれをモデルにしていたのではと感じていましたね。

人間の怖いものは、相手の心と人格を破壊していく様子は少年兵という過程を感じました。このドラマでは一人の警官が逆恨みをして警察に復讐する道具にしたこの大人は許すことはできませんね。

シアワセな家庭から引き離し一人の暗闇の中で銃を扱う音を聞かされ恐怖の中に生きている子ども達の表情がないのはなんか、怖いですね。

子どもが誘拐を未遂に終わらせた後のJJが小さい子どもに番号を言わなくていいとの言葉に微笑んだ子どもの笑顔に救いを感じましたね。

このドラマを見ながらなぜか中東の少年兵のことを思い出しました。

オカルトやホラー関係のドラマよりも、こちらの方が怖いのは人をコントロールされて死を恐れ人を殺していく姿はやはり一番怖いし、最後のほうで小さい子どもが助かり、JJから保護されたのにほっとしました。あの笑顔で救われました。

今の世界情勢を感じさせるエピソードになっています。

こちらの作品もオススメです

実は、私が勘違いしていたのですが今までクリミナルマインドのアレック役の女優が、CSI NYのジョー役の人と同一人物だと思い込んでいましたが、実は別人でした。

でも、両方とも個人的には好きですね。この二人の役柄もクールな大人のプロの女性捜査官であることと、優秀な捜査官が印象に残っていますね。

CSIシリーズなら比較的にこのシリーズが好きなのはどちらかというとクールな彼女の存在が大きいかもしれません。

このシリーズとクリミナルマインドは、やはり同じ雰囲気のドラマとして私の頭の中にありますね。

→「クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズ9」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です