クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズン5の感想とあらすじネタバレ

→「クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズン5」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ホッチナーは、ストーカーのようにBAUのメンバーを狙っている殺人鬼に追い詰められていました。モーガン達はBAUのリーダーとして無断欠勤をしているのはおかしいと感じていました。

ホッチナーのことを心配したプレンティスはホテルの部屋の様子がおかしいと感じて、そのことを一部のメンバーに伝えていることにしていました。

プレンティスはホッチナーの部屋の中で事件に巻き込まれていることを感じていました。ガルシアは必死にホッチナーの行方を探していました。そしてホッチナーの手がかりをプレンティスは、ホッチナーを襲った犯人を予想しホッチナーの命が危ないことを感じガルシアは病院へ重症患者の受け入れの確認をしていました。それはホッチナーの命が危ないことを直感していました。

事件が解決した時に、ホッチナーがERに運ばれたことをBAUチームは知りました。モーガン達はホッチナーの家族を守るために、緊急配備をしていました。ホッチナーは地獄のような拷問を思い出していました。それは何度も突き刺され血だらけになり大切なものを奪うという恐怖の言葉が心の中に響いていました。

モーガン達は、ホッチナーの家族の家にたどり着き、ホッチナーの家族の無事を確認しました。ホッチナーの家族の命を守る為にホッチナーと離れなければならないことを感じました。ホッチナーの知らない町へ行かなければならない。

愛する子どもジャックにホッチナーに涙を流しながら別れを告げました。ホッチナーは、ロッシーに初めて弱音を吐きました。それは息子にこれからも会えなくなることでした。

感想

ホッチナーの性格は沈着冷静でスーツの男がイメージ通りに冷静な行動を取っていてすごい精神力だし、プレンティスの行動力が目立っていましたね。凄くカッコよく一人で行動してメンバーの支持している姿に思わずにこっとしますね。

JJのプロファイラーとして活躍をしていますが、相手の心を和らげる優しい言葉遣いをしているのでこのチームの中で優しい雰囲気を持っていますね。

手紙の言葉の表現だけで犯人の心理学的な分析をしているリードたちは凄いですね。目の付け所が違いますね。

このドラマの魅力はやはり残虐はシーンの怖さよりも、シーンの一つ一つが緊迫していてどきどき感がありすぎますね。

リードは複雑ですよね。子どものことを心配してる親の前でホッチナーが誘拐されたことを知ってどう対応しようか大変ですよね。本当ならばホッチナーのことが気になるのに、事件を解決する為に分析している姿は立派ですね。

リードは、捜査官以外の人と犯人を推理するシーンもある意味ではどきどきしていますし、後はモーガン達は子どもの警護しているシーンにしてもなんか殺人犯が忍び込みそうで怖いですね。

モーガンの電話でビックリしたガルシアの様子がおかしいと感じるのはさすが親友だけあるなと感じたりしていて、なんか羨ましいですね。リードの相手に対して優しく問いかける姿もかなり心に迫りますね。医師の命と相手の命を守ろうとしているシーンは健気でしたね。

ホッチナーのために家族の命を守る為に離れて暮らすことになって本当に悲しいですね。

こちらの作品もオススメです

クリミナルマインドと同じようにア・クションもなくて動きのないドラマで、しかもFBIといえば私は、なぜか「コールドケース」を思い出します。このドラマは地味だから観ないと思ってみてみたら内容も良くて最後の方はもらい泣きをしてしまうことが多いですね。

解決することができない事件を解決する為に動いている捜査官の活躍は、事件の関係ある人たちの証言を導いて事件の真相を探し出すという内容で、最後は犯人も逮捕した後に、犠牲者に犯人や関係者が事件当時の姿が映し出されているし、それから最後には犠牲者が主人公のリリィーに笑顔を見せるシーンが心に残りますけど(霊が見えているの?と感じました)

 →「クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズン5」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です