クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズン4の感想とあらすじネタバレ

→「クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズン4」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

西部で車で追跡して殺害した事件が連続で起きたことで、BAUは現場に向かいました。切っ掛けは高速道路で犯人が一人の女性の車が割り込まれたことで銃撃したことで快感を感じたことをプロファイルをしました。それは殺しの快感から次々と快感を求めるために完璧な道具を作ることをホッチナーがプロファイルをしていました。

事件の真相を知るためにロッシー達は聞き込みをしていました。ロッシーとホッチナーの性格と家族関係を推理していた。そして犯人の人間像を浮かび上がりました。モーガンとプレンティス達は犯人の家族関係と適格にプロファイルを続けていました。

プレンティすは、普通の男が殺人を犯していることは、違う人格を生まれ邪魔な家族が殺されることを予感していました。銃撃犯人のノーマンは会社では気が弱い経理として働いていたが、いつも自分が阻害されていることを感じていました。同僚の言葉にずっと我慢を続けていました。

テレビでプロファイルが放送されているのにノーマンは妄想をしていた。ノーマンは自分の不幸を呪い続けていました。その姿を心配した人でも自分を笑っているかと感じて姉妹、ノーマンは銃撃されたことに、モーガンは手口が変わったことを告げていた。

緊迫した空気と犯人が記者会見したことで仕事場を推理していました。トッドの会見の後で事件を起こしたことでノーマンは焦り、自宅に帰り家族を連れて逃亡を考えて車に急いで乗りました。

車の中は、従順でノーマンは、恐ろしい形相で逃げようとしています。家族は言い争い車はバランスを崩して転倒しました。車の中では血だらけの家族の姿がノーマンは見ました。でもそれはノーマンの幻であり、後で自分が家族を射殺したことを思い出しました。

銃撃事件の犯人がノーマンと分かりプレンティス達はノーマンの愛する娘の事故を知りこの事件の犯人はノーマンということを知ることになりました。

ノーマンは娘の事故で死亡したために心は壊れていました。誰も理解されないノーマンは心が壊れていました。ロッシー達はノーマンの自宅へ向かっていました。そこで見たものは血だらけになった家族の遺体でした。

トッドは、自分の責任でこのようなひどい事件が起きたことに罪のを意識を感じました。それを優しくロッシーは慰めていました。

感想

このエピソードは見るたびに本当に泣けますね。普通の人が狂気を持つというのはありうることだし、大事な家族が亡くなった事で辛いだけではなく、人として何かが失っていくことを感じました。

ホラーよりもオカルト映画よりもこのタイプのドラマのほうが本当は怖いものだと感じましたし、それにこのドラマはどちらかというと人間の闇の部分を中心に描いています。狂気を持った男の事件を中心に描いたドラマですが、なんていうのか本当に悲しくて辛いし、ひたすら重い内容でした。

このドラマの中では、一番に緊迫した動きを感じて、ハラハラどきどきのドラマ展開で、観ていると人というのは怖いものですね。

悪意のある犯罪ではなく、普通の人が大事な人の死で生きる気力を失い、悲しみと罪の意識を心にずっと持っていたせいもあり、どんどん追い込まれている姿がよく描いています。

このドラマにはない、アクションというか激しい動きなので、実際にこの事件が目の前に起きていると思い込んでしまうのはなぜでしょうかね?

色々な妄想などがありますが、やはりこの人のもともとの性格のせいなのか、それとも銃撃を起こした後の性格かもしれないけどなんか悲しい性格の変化を表していて、面白いというよりもやはり悲しいエピソードになりました。

こちらの作品もオススメです

このエピソードを演じた俳優はあのXファイルのスキナー長官ということもあり、Xファイルがいいと感じています。

共通点はこの俳優もありますが、やはり不可思議世界を描いていますし、実際にも、人の心理は怖いと感じる毎日ですからね。でもこの時にスキナー長官役を演じた俳優さんはいい俳優だと思います。

後は、声優の麦人さんも注目したら新スタートレックに出ていた俳優の名前は忘れましたが、ピカード艦長のことを思い出しますね。そういえばスキナー長官とこの人(同一人物ですが)と同じヘアスタイルなので、それだけでオススメします。この新スタートレックは、SFドラマの真骨頂であり、アメリカでは熱烈なファンも今でも活躍しています。 

→「クリミナルマインド FBI異常犯罪シーズン4」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です