HEROES・リボーンズ1の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

「人類と特殊能力者との共存記念日」突然の爆破!!クレアは死にました。義父である

ノアはクレアを必死に探しますが、発見されたのは病院でした。既にプリマテック製紙社とヒロの会社も「ルノータス社」に買収されました。ノアはクレアの遺体を確認し、そして目にしたのは「双子の赤ちゃん男の子:女の子」でした。ピーターの母は、予知夢を見て「人類破滅の日が来る。その時、この子達が戦える様に1997年に(過去)でルノータス社のCEOエリカに隠し育てなければいけない」と言います。ヒロを呼び過去に、送りますが赤ちゃん(男の子)にヒロの能力は吸収されてしまい、能力が使えず養父になります。ノアは「ハイチ人」に記憶を消してもらいます。過去のヒーロー達はマット(人の心を読む能力)はエリカに騙され利用されてしまいます。マイカ(電気を操る能力者)囚われ、モヒンダー博士は「爆破事件」の犯人にされてしまいます。

そして「人類滅亡の日」クレアの双子の男の子:ネイサンは瞬間移動能力、もう一人女の子:マリナは重力を操る能力を身に付けるのですが、それを知ったエリカは「人類を救う」と声明を出し、選ばれし人間のみ未来の地球へと送る計画を騙し、ネイサンの能力を利用し未来へ送りますが「それは違う!」と気づいたネイサンは、仲間と戦うマリナの元に駆け付けますが?!

感想

太陽光を取り込む能力:ルーク。ゲーマーおたくレン・ゲームキャラ「刀ガール:ミコ」

と新ヒーロを向かえ一段と迫力満点です。前シリーズではなかった「銃撃戦」や、アクションも多く魅せてくれます。クレアの義父ノアの役割は孫の能力を融合させるものだったのです。前シリーズよりストーリー全体的に面白くなっています。前作は不完全燃焼でそれぞれの能力者達は能力を完全に使わず、重苦しい雰囲気になっていましたが、今回は

アクション「刀ガール:ミコ」の存在で大きく雰囲気が違います。ただ気になるのは、

クレアの夫は誰なのか?という所です。これは次巻で明らかになりそうな流れになっています。気になりますねぇ~!!前シリーズより軽快な気分で見られる「リボーン」は期待作品ですね。今度はどんなヒーローがでてくるのか?!無限に楽しみな「HEROES」です。少しテンポがよく過ぎて「オデッサ条例」=能力者逮捕条例や能力者をイボォと呼んでいたりと、前作では考えられない展開ですね。クレアの義父ノアの存在は大きかったです。彼がいたおかげで双子の能力の融合ができ、地球危機も救われました。クレアを献身的に守ってきた彼の行動は(時には反感もかったりしましたが)役者として存在感も

大きな方です。地球が救われ、双子共に学校に通う平穏な日々に二人にタロットカードの

「双子」「破滅」が贈られてきます。「父親からのメッセージだ」とピーターの母は言います。この二人の「破滅」とは?!なぜ父親が実の子供の破滅を望むのか?

続きがとても楽しみな「HEROES:リボーン」です。

その他オススメ作品

トミー(ネイサン役)ロビー・ケイ出演「ワンスアポン・ア・タイム」をご紹介します。

ロビーはピータパン役で出演しています。では「ワンスアポン・ア・タイム」とは!?

 

おとぎの世界の魔法の森。悪い女王が白雪姫とプリンス・チャーミングの結婚式に現れ、「皆に呪いをかけてやるわ。ハッピーエンドはあたしだけのものになるのよ」と宣言する。やがて、呪いの魔法が発動し、ほとんどの者は現実世界に飛ばされ、普通の人間として暮らすようになるのです。

28年後。孤児として育ったエマ・スワンは誕生日を1人で祝っていました。そこに、10年前に生んだ自分の息子だと名乗るヘンリー少年が訪れます。ヘンリーは大きな絵本を見せ、そこに書かれている”おとぎ話”は実際の出来事だと主張するのです。自分の養母は悪い女王で、魔法の森の住人たちに呪いをかけ、この世界のストーリーブルックという街に飛ばして本来の記憶も奪ったというのです。ヘンリーの学校のメアリー・マーガレット・ブランチャード先生は実は白雪姫、病院で昏睡している身元不明患者の正体はプリンス・チャーミングであり、その娘であるエマこそ、呪いを解くことができる救世主らしい。

そんな話を信じられるわけがないのですが、エマはともかく、ヘンリーをメイン州ストーリーブルックの養母のもとに送り届けます。街の時計台の針が8:15を指したままずっと止まっていますが、ヘンリーによると、それはストーリーブルックの住人たちが時間の流れから隔離されているためであり、彼らは街を離れることさえできないというのです。

エマはすぐにボストンに帰るつもりでいましたが、養母レジーナとの関係がギクシャクしているヘンリーに「1週間だけいてほしい」と懇願され、ホテルにチェックインするのです。すると、時計台の針が動き出し、コオロギが鳴き始め、レジーナの庭で赤々と実っていたリンゴが腐り出します。エマの存在が呪いの効果を弱らせているのです。

レジーナはストーリーブルックの町長として君臨しており、ほとんど誰も逆らえないのです。悪い女王として白雪姫を目の敵にしていたように、ストーリーブルックでもメアリー・マーガレットを陥れようと謀るのですが・・・

現代版「白雪姫」的な内容になってます。SFファンタジードラマとしては、面白い内容になっています。

↓「HEROES・リボーンズ1」を無料視聴するならhuluがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です