スーパーナチュラル シーズン12の感想とあらすじ

→「スーパーナチュラル シーズン12」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

「今度の敵はUKの賢人集団とルシファー!!勝機はあるのか?!サムとディーン」

ダークネスの計らいでディーンは、母メアリーと再会します。一方サムはUKから来た
賢人に捕まり、足を撃たれ拷問されます。「アメリカのハンター達の名前を教えなさい」
UKの賢人の計画は「中途半端な仕事をするアメリカのハンター皆殺し」です。
「スーパーナチュラル」シーズン12です。

ディーンとメアリーによって救出されたサムでした。30年の文明とハンターになった子供達にメアリーは疎外感にいたたまれなくなり、サムとディーンの元から離れていきます。
ダークネスに飛ばされた魔王ルシファーは、殺しを楽しんでいます。ロックスターに憑依しスター気分に浸り、ウィンチェスターも手が出せないアメリカ大統領に取りつき
UKの賢人に借りた武器で檻に戻したワケでしたが、クラウリーがロウィーナに術に
手を加え「檻」でなく元の身体に拘束しただけです。これは誰も知りません。

もっと重要な事実は「ルシファー」が秘書の女性にはらませた事です!!そしてメアリーは「一人で狩りをしてる」と息子達に言って、実はUKの賢人と狩りをしていたのです。
そして知り合いのハンターが残酷に殺されました。UKの基地に「アメリカンハンター」が集結し、殴り込みです!そしてルシファーの子が?!

感想

魔女ロウィーナもクラウリーもルシファーに殺されていまい、今後の展開が楽しみなスパナチュですね。ルシファーと言えば、ロックスターに憑依した時はノリノリでした(笑)。
気になるルシファーの子供が最終話で登場です。当人ルシファーは母メアリーと共に
異空間へ飛ばされてしまいます。では「ルシファーの子供役」は?
アレクサンダー・カルヴァートです。

第12シーズン23話でジャック/ネフィリムとしてゲスト出演し、第13シーズンは1話からレギュラーとして出演する、 カナダ出身の若手の役者さんです。TVドラマ「アロー」にも出演しています。ディーン役のジェンセンは「殺してしまえ」と言っているようですが、サム役ジャレッドは「様子をみてから」とも、二人共面白いコメントを、しています(笑)。「スパナチュ」としては、久々の若手のレギュラー登用で、新鮮な感じが
しますね^^

ストーリー自体も、また以前の緊迫感ギリギリの「スパナチュ」に戻れば
いいなと期待しています。ここ前作2作はブレまくっていたので(苦笑)
異空間に飛ばされたメアリーとルシファーですが、「ウィンチェスター家」の血筋を考えると「母を救う」パターンになると予想はできるのですが、でも一緒にいる相手がルシファーだから、どんな形にしても「戻ってこよう」とする筈です。母を救うのか?も
次巻の楽しみな所です。

こちらの作品もオススメです

新たに「スパナチュ」に登場するアレクサンダー出演のTVドラマ「アロー」にふれておきたいと思います。「アロー」はDCコミック「グリーンアロー」を元にして作られた
ドラマです。億万長者の父:ロバートと息子オリバー・女友達サラと一緒に航海にでますが、その船が転覆、父はオリバーを助ける為救命ボートを出します。サラと父はそのまま
行方不明になります。太平洋の孤島し辿りついたオリバーは、そこを拠点とする謎の組織に、拷問され過酷なサバイバル生活の中、弓の使い手として生き抜いていきます。

5年後、彼はスターリング・シティに戻りますが、父が残した手帳を元に「悪徳業者や
汚職政治家などを一掃する為、弓を使い闘いに挑むのです、そんな彼に警察の手が伸びてきます。しかし彼を助ける仲間もできます。この作品は「肉体美」が求められ、アロー
抜擢には「肉体度チェック」も入ったようです。アクションシーンは最高の仕上がりです。
現代版ロビンフッドのような外観ですが、内容は十分に楽しめます。 

→「スーパーナチュラル シーズン12」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です