エメラルド・シティシーズン1の感想とあらすじネタバレ!動画を無料視聴するならココ

あらすじネタバレ

アメリカ・カンザス州看護婦のドロシー。彼女には秘密がありました。もう実の母に20年もあっていないのです。育ての親は「合いにいきなさい」というが、ためらうドロシーです。一度は拒みつつも合いにいくドロシーですが、そこで竜巻に襲われ、急いでパトカーに乗り避難するドロシーでした。気が付くとそこは「異世界」警察犬のトトと見知らぬ部族に囚われるのです。「絶望の監獄」に封じ込められた魔法使いや、無実な人達。

ここは「オズの国」でした。ドロシーのオズの国への出現で悪影響がでると、オズの国や

魔法使いに命を狙われます。まずドロシーが出会ったのは「東の魔女」でした。

銃を持っていたドロシーは「東の魔女」が銃の使い方を誤り、死んでしまうのです。

「東の魔女」のエレメンツがその時、ドロシーの両手にはめられるのです。「魔女は魔女にしか殺せない」と悲報を聞いた「西の魔女」と「北の魔女」はドロシーの命を狙います。

そんな時に記憶を失った十字架にかけられた一人の男と出会います。「ルーカス」とドロシーは呼び、トト・ルーカスと共にエメラルド・シティに向かい、「オズの魔法使い」に

現実に帰してもらう為向かいます。森の中で魔女に囚われたチップ(魔法にかけられ

男の子にされていた少女)を助け、その友達ジャックを解放します。目指すは都だけです。その頃、生き残った「西の魔女」と「北の魔女」は都で「東の魔女」の葬儀を行っていました。「オズの魔法使い」を名乗る男は「フランク・モーガン」彼は、1996年に

「竜巻」の研究をしていたドロシーの実の母:カレンと数人、この国に来るために実験を

失敗させ「都を支配したい為、残った」裏切り者だったのです。ドロシーはオズの国で産まれた赤ちゃんだったのです。これから都を襲うであろう「永遠の獣」は実は、全て「北の魔女」の陰謀だったのです。そしてオズの守護者:オズマはチップでした。

「現代に帰してやるから手を貸してくれ。この都が”北の魔女”に乗っ取られる」・・一触即発の戦いが今、始まるのです!!

感想

はっきり言って解りずらいストーリーです。(自分は「オズの魔法使い」原作を読んでいないせいか)まずテンポが悪いです。全体像が掴めるまでの時間がかかりすぎです。

これでは観ている側は離れます。1シーズンの終わりになって流れが掴めるというのは、

視聴率UPにはならない手腕です。でもセットには、凝っており「けしのレンガ」とか

都のセットなどは、力が入っています。「西の魔女」「北の魔女」の個性がはっきりしていてその辺は魅力はあります。「南の魔女」と「北の魔女」が結託し、エメラルドの都を乗っ取るという計画を「東の魔女」は知っていたという流れはもっと早い時点で、明確にしてあれば、ぐっと惹きつけられる内容になったと思います。「オズの魔法使い」がドロシーの母の「小間遣い」だったという展開も、もっと早くだすべきでした。「ユニバーサル」の作品は意外と「惹きつけ」が弱いところがあります。それに比べると「ワーナー」はスゴイ。惹きつけバッチリです。全てがそうではないですが、比較的そういう傾向が多く見られます。個人的には「ワーナー作品」の方が好きですね。

しかし、これだけの力のある「俳優」さん達を使っている作品なので、この次のシーズン2に期待をしましょう。「科学VS魔法」どちらが勝つのか・そしてドロシーは無事に現代へ帰る事あできるのか?!メイクやセットは申し分ないできなので、期待度充分だと思います。警察犬のトトが結構、目が離せません(笑)。作品自体、良く知る為にやはり「オズの魔法使い」原作を読む必要に迫られる作品ですね(苦笑)

↓「エメラルド・シティシーズン1」を無料視聴するならhuluがオススメです↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です